目に対するいたわり

目を大切にしたい理由とは

スマホえんきん 

 

スマホえんきんと目のいたわり

 

私の考えですが、もともと人間の目は近くを凝視できるほかに遠くを見るもの、動くものをとらえられるように作られていたのではないでしょうか。

 

ほんの2000年前、日本人は鳥やウサギなど動く動物の狩りをして、生きてきました。農耕民族とは言え、タンパク質も摂取してきました。

 

だから視力がいいのは、必須事項だったはずです。何も視力がいいのは、アフリカの方の特権ではありません。

 

それに暗くなれば、寝るのが当然です。目も十分に休ませることが可能でした。目の疲労感なんてなかったことでしょう。

 

現代では、遠くを見つめる経験が少なくなりました。諸外国や北海道に行かないと地平線や水平線を眺めるシーンはまずありません。

 

地平線

現代人はスマホえんきんで目の疲れを取りましょう

 

これからの人は一生、モニターを眺めた生活から逃げることはできません。

 

それであれば、目のサプリを飲むこと、目をいたわることは必須になるでしょう。

 

スマホ老眼対策しています

 

長時間ブルーライトを見ていると目に良くないと思っています。

 

なので、スマホえんきんもそうですが、必ず眼精疲労対策のサプリメント何か服用しています。
パソコンメガネもメガネスーパーに行って、安売り品3000円で買いました。

 

目に良いサプリは値段も高いので、口コミ、評判が良いサプリで、安く買えるタイミングを上手に利用します。

 

 

もし、お試しするなら

スマホえんきん 

 

 

 

 

スマホえんきんの効果、口コミ、購入ならこちら


スマホえんきんのおすすめな人

スマホえんきんはこれ

 

意外と思われるかもしれませんが、私がスマホえんきんを飲んだほうがいいと思う人は目のいい人です。

 

その目を大切にしてほしいのです。

 

目のいい人はそれ以上によくなることはまずありません。悪くなるのは瞬間です。だから目の良さを維持してください。

 

パソコン、スマホは日常生活で不可欠です。長時間使用した後は、目のケアをしてください。

 

ドライアイも馬鹿にできません。ドライアイは失明などの重篤な結果をもたらすことは少ない病気ですが、慢性的な目の不快感や疲れをもたらします。

 

日本人の眼鏡率は世界一と言われています。

 

メガネ、コンタクトを使用していないなら、貴重な人になりつつあります。

 

目を大切にしてください。

 

ですから、仕事で過程で1日10時間以上、ブルーライトと向き合う必要がある人は日頃からサプリを飲んで、目が悪くならないようにしてください。

 

もちろん、眼精疲労の方、スマホを見すぎの方はできるだけ早いうちに目のケアをしましょう。サプリを飲むのもいいです。

 

 

私が効果があったなあ、と思ったのが以下の方法です。一度お試しください。

 

 

目の効果がある方法

 

1.目のストレッチ。ひとつめがピント調節に関わるストレッチで、人差し指を目の前におき指に焦点を合わせて、近くを見て、遠く(2〜3m先)を見ることを繰り返す。

 

2.2・3日に1回はホットアイマスクをして目を休める。
 私が使用しているのは、「あずきのチカラ」です。ドラックストアなどで約700円で買うことができます。電子レンジで温めるタイプで、200回ほど使えます。
 あずきの重みと温かさで血行を良くするので、目の疲れがとれ、翌日スッキリします。
 アイマスクには使い捨てのタイプもありますが、14枚入りで約800円とコストがやや高いので、安く済ませたいという人には電子レンジで温めるタイプがおススメです。

 

 

もし、お試しするなら

スマホえんきん 

 

 

 

 

スマホえんきんの効果、口コミ、購入ならこちら