スマホ老眼対策

スマホ老眼対策

老眼

スマホえんきんとえんきんの違いはトップページで説明しました。

 

 

スマホ老眼は目の使い過ぎなら「スマホえんきん」以外でもできることありますね。ちょっと書いてみます。

 

スマホ老眼対策

 

目の使い過ぎが原因ですから、ですから、目を休めるのが一番です。

 

仕事でパソコン業務に従事している人は1時間に1回は休憩を取る。

 

電車の中、暗がりでスマホを操作する人は意識的に、1時間に1回、スマホから目を離して、目を休める、心掛けてください。

 

目を休めることができない方は、ほかの方法も試みてください。

 

  • 蒸しタオルで温湿布
  • 毎日、数回は遠くを見つめて、毛様体筋を休める
  • 目に良いとされる成分、栄養素も日頃から摂取する

 

しかし、外食の多い方、一人暮らしの方などは緑黄色野菜やブルーベリーなどを摂取することが難しいと思われます。

 

不足しがちな栄養素を補助するのものにサプリメントがあります。

 

 

私もそうでしたが、目に良いとされるサプリを続けて飲んでみると、意外と効果があるんだなあ、と実感しました。

 

目の奥の痛みが気のせいか、取れました。

 

 

目に良いとされるサプリはたくさん出ています。種類が多すぎて、どれがいいのかわかりませんが、継続して飲むことが大事だと思います。

 

 

 

スマホ老眼は放置するな!

スマホでイライラ

 

軽く考えている人が多いのですが、スマホ老眼は治さない限り、症状が悪化します。

 

放置しておくと、頭痛・肩こり・体全体への不快感につながります。そのうち、眠れないくなり、うつ病などの可能性もあるのです

 

 

スマホと生活は切り離すことはできません。切り離せない以上、目をいたわらないと一生困るので、注意します。

 

 

たしかに、目の痛みは緩和しました。気のせいだけではないと思います。

 

視力は右0.4 左0.3です。しかし、10年前も同じです。視力低下にはなっていないので、えんきんのお陰もあったかもしれません。

 

 

ファンケルではスマホ老眼⇒スマホ労眼と造語を作りました。

 

つまり、えんきんは老眼対策、スマホえんきんはスマホから目を労わる商品です。

 

 

もし、お試しするなら

スマホえんきん 

 

 

 

 

スマホえんきんの効果、口コミ、購入ならこちら